NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

Z世代の7割弱が「SNSで部屋探し」経験/R.E.port

2023/03/02 不動産ニュース

image

「Z世代の部屋探しに関する調査」の結果を発表

使用するサイトやアプリを決める際の優先度の高い条件は、「サイト/アプリの見やすさ・使いやすさ」

イタンジ(株)は24日、「Z世代の部屋探しに関する調査」の結果を発表した。47都道府県内在住の18~26歳のうち、2年以内に部屋探しまたは引っ越し経験のある人を対象に、2月9~12日にかけアンケート調査を実施した。

 

 SNS(Twitter・Instagram・TikTok・YouTube等)でのお部屋探しについて質問したところ、20.4%が「SNSで見つけた部屋に問い合わせをした」と回答。「SNSで部屋を見つけたが契約・問い合わせに至らなかった」(19.3%)、「SNSで見つけた部屋を契約した」(14.1%)、「SNSで理想の部屋を見つけられなかった」(13.0%)などの回答を合わせると約67%となり、Z世代ユーザーの多くが実際にSNSで部屋を探したことがあることが分かった。

 

 「引っ越しを決めた理由」については、自ら希望しての引っ越しでは、「一人暮らしをしたかったため」が36%と最も多く、次いで「同棲・ルームシェアを始めるため」(23.4%)、「SNSで物件を見て引っ越したくなった」(7.3%)となった。また、何らかの都合による引っ越しでは、「就職・転職・進学などで住む場所が変わったため」(33.8%)が最も多く、次いで「通勤・通学がよりしやすい場所に引っ越ししたかったため」(27.6%)、「親の転勤など家庭の事情」(12.9%)となった。

 

 「部屋探しの際に参考にする手段」は、物件情報サイトや物件情報アプリ、不動産店舗を訪問、SNS等が主流で、複数手段を併用している人が多い傾向にあった。その上で使用するサイトやアプリを決める際の優先度の高い条件について聞いたところ、「サイト/アプリの見やすさ・使いやすさ」が49.3%でトップ。「物件掲載数」(44.9%)や「物件情報サイト/アプリの知名度」(39.2%)等を上回った。

 

 

 

参考元【Z世代の7割弱が「SNSで部屋探し」経験 | 最新不動産ニュースサイト「R.E.port」 (re-port.net)

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

 

258