NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

65歳以上の住み替え先、「より狭い家」が半数/R.E.port

2021/03/23 不動産ニュース

image

「中高年層の住みかえ等に関する調査」結果公表

65歳以上の住み替え先、「より狭い家」が半数

三井不動産リアルティ(株)は16日、「中高年層の住みかえ等に関する調査」結果を公表。

「三井のリハウス」を通じ、2015年4月1日以降に不動産購入または売却をした首都圏(1都3県)在住の45歳以上・1,851人が調査対象。

 

21年4月に「高年齢者雇用安定法」が一部改正され、事業主は「70歳までの就業機会の確保」が努力義務となる。

 

🔲何歳まで働きたいか?

1位:「65歳」(33.9%)

2位:「70歳」(24.9%)

3位:「71歳以上」(15.3%)

全体の約4割(40.2%)が「70歳以降も働きたい」と回答した。

 

 

🔲持ち家を購入し住み替えた人を対象に、「住み替え理由について」

1位:「より広い家に住みたかったため」(27.4%)

2位:「住まいの老朽化」(15.5%)

3位:「交通利便性の高いエリアへの住みかえ」(15.1%)

65歳以上の住み替え理由は、「自身の高齢化による将来に対しての不安」(24.4%)が最も多かった。

 

 

🔲住み替えによる物件や住環境の変化について

【65歳未満】

〇65歳未満の人の57.1%が「より広い家」に住み替え

〇65歳未満の44.2%が「部屋数が増えた」

 

 

【65歳以上】

〇65歳以上の50.4%が「より狭い家」に住み替え

〇65歳以上の48.9%が「部屋数が減った」

〇65歳以上の人は「総合病院など大きな病院」や「商業施設」に近い立地選択

年齢を重ねるについて家のサイズはコンパクト、住環境は生活利便性の高さを重視する傾向にあると分かった。

 

 

🔲住み替え時の貯蓄額

◉平均:3,336万円

◉約半数(51.8%)は2,000万円未満

 

 

🔲住み替え時に資産価値(売却のしやすさ等)への意識

◉およそ3分の2(65.9%)が「資産価値を意識した」と回答

 

 

【参考元:R.E.port

 

 

 


 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

698