NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

働きたい&憧れの都心のオフィス街1位は「丸の内」~東京圏(一都三県)のビジネスパーソンに聞いた働きたい街に関する意識調査/不動産投資の健美家

2022/10/06 ライフプラン

image

東京圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)に住む20代~50代のビジネスパーソンの男女601名に、働く街に関する意識調査を実施

働く街の魅力が高まる三大要素として「交通利便性」「街の雰囲気」「ランチの充実度」が挙げられることがわかった

大手総合不動産サービス・投資運用会社であるコリアーズ・インターナショナル・ジャパン株式会社は、東京圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)に住む20代~50代のビジネスパーソンの男女601名に、働く街に関する意識調査を実施した。

 

現在働いている街や、働きたい都心のオフィス街、憧れの都心のオフィス街に関する質問と回答の中から、働く街の魅力が高まる三大要素として「交通利便性」「街の雰囲気」「ランチの充実度」が挙げられることがわかった。

 

main

<調査結果>

■働きたいオフィス街も、憧れのオフィス街も1位は共に「丸の内」、2位は「大手町」

「働きたいと思う街」と「憧れるオフィス街」を三つまで選択する質問に対し、共に最も多く選ばれた街は「丸の内」となった。そして2位には同様に「大手町」が選ばれ、大規模な再開発が進む東京駅周辺エリアに対するビジネスパーソンの人気が伺えた。

 

また1日364万人の乗降客数で2007年に世界一のギネス認定を受けたターミナル駅・新宿駅も、都庁をはじめとする副都心エリアである「新宿(西口)」が両方の質問でランクインしている。

 

一方、「働きたい街」では埼玉県や西東京エリアからのアクセスが抜群の池袋に、こちらも丸の内エリアの一角「有楽町」が上位入りし、「憧れのオフィス街」では街としてのブランド力が高い「銀座」「六本木」が上位入りしている。

 

※選択肢一覧
丸の内、大手町、有楽町、日比谷、霞ヶ関、神田、秋葉原、半蔵門、麹町、九段北、神保町、飯田橋、水道橋、日本橋、八重洲、京橋、三越前、銀座、築地、八丁堀、茅場町、人形町、小伝馬町、浜町、東日本橋、晴海、勝どき、新橋、汐留、虎ノ門、神谷町、田町、浜松町、品川、赤坂、六本木、青山、表参道、新宿(西口)、新宿(東口)、四谷、渋谷、原宿、恵比寿、代々木、大崎、五反田、池袋、台場、豊洲、天王洲、品川シーサイド、その他(記述式)

 

■働く街の魅力を決定づける3大要素は「交通利便性」・「街の雰囲気」・「飲食店(ランチ)の充実度」

現在働いている街に魅力を感じる理由、感じない理由、そして働きたいオフィス街と憧れのオフィス街を選んだ理由をそれぞれ聞いたところ、どの質問でも共通して、「交通利便性」「街の雰囲気」「飲食店(ランチ)の充実度」が上位に選ばれ、特に「交通利便性」は4つの質問中3つで1番となった。

 

コロナ禍をきっかけにリモートワークの導入やWeb会議の活用が進んだが、働く街の魅力として「交通利便性」は引き続き欠かせない要素であり、同様に「街の雰囲気」や「飲食店(ランチ)の充実度」という、その街に出勤することで味わえる魅力も大切な要素であることがわかった。

 

■調査対象者の勤務形態

・テレワーク利用状況

今回の調査回答者のテレワーク導入率は64.9%となっている。回答者がすすんでテレワークをする理由としては「感染防止のため」「通勤時間がもったいない」が多く選ばれた一方、すすんでテレワークをしない理由としては「会社の方針のため」「社員とのコミュニケーションのため」が多く選ばれた。

今後の出社頻度の増減に関する意向を聞いた質問では、テレワークを増やしたい層(計44.9%)が出社を増やしたい層(22.2%)やどちらでもない層(32.8%)を上回る結果となった。

 

sub1

sub2

sub3

sub4

・オフィスレイアウト

回答者自身のオフィスのデスク環境は、42.8%がフリーアドレス制で、56.2%が固定席。またオフィスのレイアウ トとしては 68.9%がシマ型、14.8%が個室(パーテーション)型、13.8%がスクール型となっている。

 

一方で希望するオフィスレイアウトの質問では、シマ型が41.6%の数値が減り、個室(パーテーション)型が 39.9%に数値が増えており、現在のオフィスレイアウトと希望するオフィスレイアウトにはズレが見られた。

 

sub5

sub6

sub7

 

■調査概要

調査方法: インターネット調査
調査対象: 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県在住・20~50 代のビジネスパーソンの男女
調査期間: 2022 年9月 14 日(水)
有効回答: 601 名

 

 

参考元:【働きたい&憧れの都心のオフィス街1位は「丸の内」~東京圏(一都三県)のビジネスパーソンに聞いた働きたい街に関する意識調査|不動産投資の健美家 (kenbiya.com)

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

751