NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

20~30代の2割がペアローンを利用。ペアローンに潜むリスクは「離婚時」や「死別時」にある/Money Fix

2023/07/12 ライフプラン

image

0代と30代では利用率が高く、およそ5人に1人がペアローンを利用している

借入額や節税の点でメリットの多いペアローンだが、離婚した場合やどちらかが死亡した場合、長い目で見ると注意点もある

ペアローンの利用実態

 

ペアローンは、ひとつの物件に対して、一定の収入のある夫婦(または親子)がそれぞれ契約者となってローンを組む方法です。



例えば5000万円の物件を購入する際に、夫が3000万円、妻が2000万円でローンを組み、負担を分散するようなイメージです。



三井住友トラスト・資産のミライ研究所が20~69歳の1万1114人を対象に「住まいと資産形成に関する意識と実態調査」を実施しました。


 
出典:三井住友トラスト・資産のミライ研究所「住まいと資産形成に関する意識と実態調査」(以下同)

調査によると、全年代の8.9%がペアローンを利用していることがわかりました。



特に20代と30代では利用率が高く、およそ5人に1人がペアローンを利用しています。

 

ペアローンを組むメリット

 

ペアローンの借入額は、契約者それぞれの収入に応じて決まります。



単独ローンに比べて借入額を増やせるのが大きなメリットです。


 
単独ローンとペアローンの借入額の差を見てみると、20代では971万円、30代では742万円、ペアローンの方が借入額が多いことがわかります。



また、ペアローンは契約者それぞれが住宅ローン控除を利用できます。



単独ローンよりも高い節税効果が見込める点もメリットのひとつです。

 

ペアローンのリスク

 

借入額や節税の点でメリットの多いペアローンですが、長い目で見ると注意点もあります。

 

  • 離婚した場合
  • どちらかが死亡した場合

 

離婚した場合

 

持ち家の場合、離婚後は住宅ローンの支払いをしている方が住み続けることが多いですが、ペアローンの場合はどちらが住むのか判断が難しくなります。



物件を売却してローンを完済するか、ペアローンをどちらかに一本化する方法があります。



ただし、売却してもローンが返しきれないこともあるため注意が必要です。

 

どちらかが死亡した場合

 

夫婦どちらかが亡くなった場合もリスクがあります。



単独ローンでは、契約者が亡くなった場合、団体信用生命保険(団信)を使って残債を完済できます。(※契約時に団信に加入している場合)



しかし、ペアローンの場合、完済されるのは亡くなった人のローンのみです。



遺された人のローンは残ることになります。

 

収入合算で借入金を増やす方法も

 

住宅ローンは返済期間が長いため、長期的な計画性が重要です。



借入金を増額したい場合、夫婦の収入を合算してローン審査を受ける「収入合算」という方法もあるので、無理のない返済方法を検討しましょう。



また、FPに相談するのもおすすめです。



住宅購入だけで考えるのではなく、教育資金など将来かかるお金のことも含めて、最適なローンの組み方をアドバイスしてもらえます。

 

 

 

 

参考元:【20~30代の2割がペアローンを利用。ペアローンに潜むリスクは「離婚時」や「死別時」にある (moneyfix.jp)

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

204