NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

1都3県 7月の新築マンション平均価格 9940万円 前年比50%超↑/NHK NEWS WEB

2023/08/22 不動産ニュース

image

販売価格は、オリンピックの選手村跡地に建設されたマンションの販売が始まるなど、東京都内の高額物件が大きく押し上げた形

7月、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で発売された新築マンションの1戸当たりの平均価格は9940万円

首都圏の1都3県で7月発売された新築マンションの平均価格は、去年の同じ月より50%余り上昇し、9940万円でした。オリンピックの選手村跡地に建設されたマンションなどが全体を押し上げました。

 

調査会社の「不動産経済研究所」によりますと、7月、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で発売された新築マンションの1戸当たりの平均価格は9940万円でした。



これは、去年の同じ月を55.8%上回って、5か月連続の上昇となりました。



また販売戸数も2500戸余りと、去年を14.2%上回りました。



販売価格は、7月、東京 中央区のオリンピックの選手村跡地に建設されたマンションの販売が始まるなど、東京都内の高額物件が大きく押し上げた形です。



▽東京23区の平均価格は、1億3340万円で去年の同じ月より84.8%上昇し
▽23区を除いた東京都の地域も5807万円で、9.4%の上昇でした。



一方
▽神奈川県は5633万円で3.3%
▽埼玉県は4579万円で23.4%
▽千葉県は4465万円で3.5%、それぞれ下落しました。



調査会社は「都内では、今後も再開発にともなって建設された分譲マンションの販売が続く予定で、需要も底堅いため、販売価格は高い水準が続くのではないか」としています。

 

 

 

 

参考元:【1都3県 7月の新築マンション平均価格 9940万円 前年比50%超↑ | NHK | 不動産

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

223