NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

重要事項調査報告書とは?

2020/06/22 Q&A

image

重要事項調査報告書とは?内容、チェックすべきポイントは?

 

重要事項調査報告書とは?

中古マンションを購入するにあたり、必ずチェックしておかなくてはならないのが重要事項調査報告書です。

重要事項調査報告書はマンション管理会社が発行しており、管理費や修繕積立金の改定予定や大規模修繕計画の見通し、耐震診断の有無など建物全体に関する維持費や必要費に関する重要項目が記載されています。

 

マンション管理に関しての説明書のようなものになります。

 

 

【重要事項調査報告書 原本(サンプル)】

 

マンションの管理の仕方や修繕の状態、滞納問題までもが見えるようになっています。

売買に関わった当事者が後々トラブルにならないようにするためにも、重要事項調査報告書ポイントをお伝えします。

重要事項調査報告書のチェック項目

重要事項調査報告書はマンション管理会社が発行するべき書類ですが、手に入れるためには発行費用を負担する必要があります。

 

項目が多く、チェックするのが大変な時には必要な項目だけを申請することも可能です。

 

【知っておきたいチェックポイント】

・管理費

・大規模修繕費の金額

・積立総額

・滞納額

・バルコニー

・トランクルームの専用使用権

・駐車場の使用と承継可能かどうか

・耐震診断検査

・アスベスト使用調査の記載の有無

・ペット、楽器

・火災や雨漏り、心理的瑕疵、マンション内トラブル

・インターネット、BS、CS

などが挙げられています

 

【参考元:グッバイホームヨムーノ

 

最後に・・・

基本的に買主が知りたい情報が詰まっているのが「重要事項調査報告書」です。

マンション売買では、後々管理費の滞納金や大規模修繕費用の不足分を請求されたりすると返済計画に大きなトラブルを生じる結果になります。

マンションの耐震構造や工事履歴など安全性の問題もクリアにしておくためにきちんと目を通しておく必要があるのです。

 

また、管理会社の良し悪しを判断するデータにもなりますので、有名な会社の関連会社であるというような名目的な理由ではなく、きちんと確認して納得しておく必要があります。

 

重要事項調査報告書の内容を確認して、間違いのない売買がしたいものですね。

 

【作成:㈱日本アセットナビゲーション】

23960