NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

都市公園リノベーション協定制度で駅前に公園/R.E.port

2021/11/18 不動産ニュース

image

同制度を活用した公園整備は国内初の事例となる。

都市公園リノベーション協定制度で駅前に公園

 

東急(株)は26日、川崎市と共同で改修を進めてきた都市公園「こすぎコアパーク」(川崎市中原区)をオープンした。

 

 

同公園は、東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅に隣接する、広さ約1,100平方メートル、川崎市所有の都市公園。

再開発エリアと従前の商業エリアに囲まれた三角状のスペースで、主として地域のイベント会場として使われてきた。

 

しかし、駅に隣接する立地にも関わらず、高架下のフェンスと公園の生垣により駅通路と分断されていたことに加え、

ベンチ類も置かれておらず、人々が集まる公園としての機能が乏しかった。

 

 

そこで、川崎市は駅との一体性を生かし回遊性と利便性を向上させ、

賑わい・憩いの場とすべく、2018年から改修の検討を開始。

 

20年8月に東急と公園整備協定を締結。21年3月、都市再生特別措置法による「まちなかウォーカブル区域」の特例制度

「都市公園リノベーション協定制度」に基づき、東急との間で20年間の設置管理協定を締結。

 

同社が公園・駅高架下の整備、日常管理、店舗の新築・転貸、日常管理(美化)を行なう。

 

 

 

改修により、駅との間にあるフェンスと生垣を撤去し、駅の自由通路と公園をシームレスにつなぐことで回遊性を向上。

形や大きさの異なるベンチを公園各所に設置、新たに植栽と生垣を整備した。

 

また、北側にテイクアウト可能な焼き鳥店、南側にカフェダイニングを設置し、

公園内で食事も楽しめるようにした(両施設は28日開業)。

 

 

同社都市開発事業部開発第一グループの椎名僚平氏は

「これまでこの場所は、公園というよりイベント会場と見られていた。駅の自由通路と公園を仕切っていた

フェンスをなくし回遊性を高め、飲食店も設けることで、地域住民や駅利用者が滞在でき、

日常的な活動で活用できる公園としていきたい」などと抱負を語った。

 

今後はイベント等も開催していく方針。

 

 

【参考元:R.E.port

 

 

 

 


 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

 

 

31