NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

部屋探し、家賃は1.1倍、築年数は10年妥協可能/R.E.port

2023/02/27 不動産ニュース

image

過去2年以内(2020年10月以降)に賃貸物件を契約した18〜50歳の合計400人を対象として、途中でこだわるのを諦めた条件・設備に関するWEBアンケートを実施

妥協した設備については、「オートロック」(14.5%)が1位

 

不動産情報サービスのアットホーム(株)が21日に発表した「住まい探しの妥協ライン調査〜賃貸編〜」によると、住まい探しにおいて妥協したことは、「建物構造(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造など)」(20.8%)でトップとなった。2位は「日当たり・風通しが良い」(20.5%)、3位は「階数(2階以上など)」(20.0%)となった。


 調査では、過去2年以内(2020年10月以降)に賃貸物件を契約した18〜50歳の合計400人を対象として、途中でこだわるのを諦めた条件・設備に関するWEBアンケートを実施した。調査期間は22年11月1〜4日。


 住まい探しにおいて妥協したことに関連して、妥協しても問題なかったとの回答割合は、「建物構造(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造など)」では53.0%。「日当たり・風通しが良い」では64.6%、「階数(2階以上など)」では76.3%だった。


 家賃を妥協したと答えた人の中で、現在の住まいの家賃と希望していた家賃の上限を聞き、家賃の妥協ラインを「実際の費用÷当初の予算」で算出したところ、全体で予算の1.1倍まで妥協していることが分かった。築年数の妥協ラインは「契約時の築年数ー希望していた築年数の上限」で算出したところ、全体で当初より10.2年古くても妥協しているという結果に。広さも同様に算出したところ、全体で当初より7.1平方メートル狭い物件で妥協していることが分かった。


 妥協した設備については、「オートロック」(14.5%)が1位。81.0%が、妥協しても問題なかったとした。2位は「2口以上コンロ」(13.8%)で、妥協しても問題なかったとの回答は76.4%。3位は「宅配ボックス」「洗面所独立」(13.5%)で、宅配ボックスは77.8%が、洗面所独立は66.7%が、妥協しても問題なかったとした。 一方、「防音設備」(9.5%)は、妥協しても問題なかった人が36.8%、妥協して後悔しているが52.6%と、後悔している人の方が多かった。

 

 

参照要素: 【アットホーム】デイリーニュース|不動産・賃貸・マンション情報が満載!不動産情報サイトアットホーム (athome.co.jp)

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。 資料はメールで送付いたします)

 

134