NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

貯蓄ゼロがこんなにもいる!? 高齢者の貯蓄平均額/マイナビニュース

2021/11/12 ライフプラン

image

高齢者世帯は実際にどれくらいお金を貯めているの?

貯蓄ゼロがこんなにもいる!? 高齢者の貯蓄平均額

 

「老後2000万円問題」ともいわれる、老後に2000万円が必要説。

それぞれの生活や公的年金額によって、一概にいくら必要などいい切れません。

 

しかし、老後の生活を考えるときに、心配の多くはお金についてでしょう。

 

では、高齢者世帯は実際にどれくらいお金を貯めているのでしょうか?

 

 

◆高齢者の平均貯金額は1786万円、貯蓄ゼロは2割弱

 

金融広報中央委員会が調査した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査][単身世帯調査](2020年)」のデータからみてみましょう。

こちらの表は2人以上世帯で世帯主の年齢が70歳以上の金融資産保有状況を年収別に調査したものです。

 

ここでいう金融資産は、運用のためまたは将来に備えて蓄えている部分で、

現金や預貯金で日常的な出し入れ・引落しに備えている部分は除いたものです。

 

全体では金融資産非保有が18.6%。なんと、2割弱は貯蓄ゼロということ。

また、平均は1786万円、中央値(※)は1000万円でした。

※中央値:金額順に並べた時の真ん中になる値

 

 

◆収入なし世帯:平均貯蓄1198万円、中央値860万円

年間収入別にみてみると、収入なし世帯のうち11.1%が貯蓄ゼロ。

周りからの支援を受けて生活しているのでしょうが、なんとも心もとない状態です。

 

とはいっても、平均は1198万円ですが、中央値が860万円と、他の収入あり世帯と変わらない金額。

現役時代にしっかりと貯めてきている様子がわかります。

 

70歳以上世帯で一番世帯数が多いのが年間収入300万~500万円、次いで300万円未満となります。

このゾーンも、金融資産非保有は2割弱から3割弱。貯蓄を切り崩しながら生活している世帯が多いことでしょう。

資産の目減りを防ぐためにも、少しでも働いて収入を得ることが大切なことかもしれません。

 

 
 
 
続きはこちらから

 

 

 

 

【参考元:マイナビニュース

 

 

 

 


 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

 

 

 

1147