NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

空室リスクが低い物件の考え方が知りたい

2020/06/14 不動産投資

image

NAN お客様よりいただいたQ&A vol.5

空室リスクが低い物件の考え方とは

A.  東京、横浜、川崎、東急東横線などのエリアで運用する事が一番のリスク回避になります。

 

地方エリアのように賃貸需要が低い(人口減が見込まれる)エリアで運用すると、

空室期間が長く、肝心な賃料が入ってこず安定的な賃料収入を得る事ができません。          

又、金融機関を活用すると収支バランスに多大な影響を及ぼし、危険な運用となります。

 

その点、賃貸需要が高いエリアでは再開発が現在でもおこなわれており、

ヒト・モノ・カネ・ジョウホウが集まりますので、空室リスクが低いといえます。

 

 

上記に加え、安心できる賃貸管理会社をパートナーとして選ぶ事も重要です。

実績のある賃貸管理会社はノウハウ・知識がございます。

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

 

 

関連コラム

ご覧いただいたコラムに関連したコラムをご紹介。

1769