NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

横浜・みなとみらい線「新高島駅」で開発ラッシュ!2023年に駅直結の大規模商業ビル完成予定/健美家

2021/04/08 不動産ニュース

image

変化し続ける「新高島駅」周辺

横浜・みなとみらい線「新高島駅」で開発ラッシュ!

複数の路線が乗り入れる「横浜駅」と「元町・中華街駅」をつなぐ、横浜高速鉄道みなとみらい線。

その「横浜駅」と「みなとみらい駅」の間に位置するのが、今回紹介する「新高島駅」

先に開発が進んだ「みなとみらい駅」と比べると、やや存在感が薄い印象があった「新高島駅」。

 

しかし、ここ数年、この「新高島駅」から「みなとみらい駅」方面に向かう「みなとみらい大通り」沿いでは再開発ラッシュが続いており、

「新高島駅」周辺の様子はすっかり様変わりしている。

 

【開発事業内容】

《2019年》

・京急ミュージアムを併設する「京浜急行本社ビル」

・資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PA・エスパーク)

・横浜アンパンマンこどもミュージアム

《2020年》

・コーエーテクモゲームス本社ビル

・横浜東急REIホテル

・KTZepp Yokohamaの複合ビル

・村田製作所みなとみらいイノベーションセンター

・横浜グランゲート

・ぴあアリーナMM

《2021年》

・LGの研究開発拠点である「LGグローバルR&Dセンター」

・神奈川大学みなとみらいキャンパス

 

「新高島駅」は大きく変貌を遂げ、そして、今現在もまだまだ進化し続けている。

2023年、施設・ホテルなどを有する 駅直結の大規模複合ビルが完成予定

そんな「新高島駅」に、2023年、「みなとみらい21中央地区53街区開発事業」として大規模複合ビルが誕生する予定となっている。

 

事業社の一つ、大林組の2019年 03月 28日のリリースによると、「WEST棟」と「EAST棟」の2棟から成るビルの延べ面積は、約18万m2。

総投資額約1,100億円にのぼるという。

具体的なテナントはまだ未発表だが、オフィスを中心に、商業施設、ホテル、にぎわい施設、オープンイノベーションスペースなどがつくられる計画だ。

工期は2020年12月~2023年11月となっている。

完成すれば、「新高島駅」のブランド力を大いに押し上げる存在となるだろう。

 

この一帯が繋がり、全体的に整備されることになれば、

「新高島駅」「みなとみらい駅」のみならず、横浜の街全体の活性化にもつながると考えられる

 

 

【参考元:健美家

32