NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

東京のワーカー、郊外転居と都心居住への意向が半々/R.E.port

2021/07/26 ライフプラン

image

コロナ終息後も企業のテレワーク導入が定着すると予想。

東京のワーカー、郊外転居と都心居住への意向が半々

 

三菱地所(株)は16日、3回目の就業者アンケートの調査結果(2021年6月)を発表した。

 

コロナ禍という大きな環境変化を踏まえ、定期的に就業者アンケートを実施している。

1回目の調査は20年6月、2回目は同年12月に行なった。

東京都に勤務する、1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)在住のオフィスワーカーが対象。

 

 

オフィスとテレワークの比率

 

オフィスのみ 33%

オフィス・テレワーク併用 59%

テレワークのみ 8%

 

同社はコロナ終息後も企業のテレワーク導入が定着すると予想

 

今回の結果同様、オフィスのみが30%、オフィス・テレワーク併用が65%、

テレワークのみが5%の割合で推移するとしている。

 

 

テレワークをしている就業者の内、現状は94%が自宅でテレワークを実施。

 

一方で、テレワークの場所として自宅よりもシェアオフィスを求める層も21%おり、

企業の勤務ルール、料金の負担、シェアによる感染リスク等の課題が解決されれば、

利用が増える可能性があるとした。

 

 

「地方・郊外への転居」「二拠点居住」については、

「実行した」「実行に向けて検討中」と答えた就業者は10%前後だった。

 

逆に、「勤務先に近いエリアへの転居」「自転車通勤」といった

都心居住を志向するワーカーも10%前後で、

「単純に、都心から地方・郊外への人口流出が急速に進むことは想定しづらい」と見ている。

 

いずれも20・30歳代の若年層は、「環境の変化に応じてライフスタイルを変えること」に積極的であることが分かった。

 

 

 

【参考元:R.E.port

 

 

 

 


 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

 

 

912