NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

投資用不動産の不正融資事件は何が問題になったのか?

2020/08/30 不動産ニュース

image

改ざん、不正融資問題で話題になった「不動産投資」

投資用不動産の不正融資事件は何が問題になったのか?

2018年に発生した「かぼちゃの馬車事件」、その後もいくつかの「投資用不動産への不正融資」に関する事件が話題に

改ざん問題や不正融資などで不動産投資に対するイメージが下がったのは事実

 

以来、金融機関の投資用不動産向け融資に対する姿勢は厳しくなり、

ある程度の自己資金が必要になるケースが増え、審査も厳しくなっているのが現状です。

 

【参考元:ファイナンシャルフィールド

 

不動産を購入する際、最も重要視するのは金融機関です。

いかに有利な融資を組めるか、自己資金を抑えた資産運用が可能なのが不動産投資のメリットでもあります。

 

 

弊社では儲けるための投資ではなく、あくまでも将来の年金対策や資産運用としてご紹介しております。

 

 


 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

35