NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

住宅ローン金利の推移

2020/06/14 不動産投資

image

住宅ローンを選ぶ上で重要なポイントの一つが、金利です。

借入金利には、主に3つのタイプがあります。

 

ご自分のライフプランに合った、金利のタイプを選択することが大切です。

金利のタイプとは?

まず、住宅ローンの選択ポイントのひとつである金利について、どのようなタイプがあるのかみてみましょう。

 

 

このように、金利タイプによってそれぞれメリット・デメリットがあります。

たとえば、【フラット35】は融資実行時に、返済終了までの金利が確定する「全期間固定金利型」ですので、将来にわたって無理の無い返済計画が立てられます。

 

引用元:住宅金融支援機構【フラット35】

 

過去の住宅ローン金利の推移を把握

住宅ローン金利が、今後どのように変化していくか予測することは難しいですが、住宅ローンを選ぶ際にはこれまでの金利動向も踏まえて選ぶことが重要です。
平成2年10月には変動金利型は8.5%まで上昇しましたが、日銀のゼロ金利政策が始まった平成11年2月以降はほぼ一貫して歴史的低金利水準が続いています。
ただし、現在の住宅ローンの低金利は、金融政策により維持されている状況ですので、今後の金利動向については注意が必要です。

 

 

引用元:住宅金融復旧協会

1523