NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

令和4年の一般労働者の平均賃金は過去最高の31万1800円/Tabisland

2023/03/29 ライフプラン

image

フルタイムで働く一般労働者の平均賃金は、男女計で前年比1.4%増の31万1800円(平均43.7歳、勤続12.3年)で、過去最高となった

男性では「金融業、保険業」が最も高く、最も低いのは「サービス業(他に分類されないもの)」となった

厚生労働省がこのほど発表した「令和4年賃金構造基本統計調査」結果(有効回答数5万5427事業所)によると、フルタイムで働く一般労働者の平均賃金は、男女計で前年比1.4%増の31万1800円(平均43.7歳、勤続12.3年)で、過去最高となった。同調査は、10人以上の常用労働者を雇用する民間事業所を対象に、令和4年6月分の賃金等(賞与、期末手当等特別給与額については令和3年1年間)を調べたもの。



 平均賃金を男女別にみると、男性は前年比1.4%増の34万2000円(平均44.5歳、勤続13.7年)、女性は同2.1%増の25万8900円(同42.3歳、9.8年)となり、女性は9年連続で過去最高を更新し、フルタイムで働く女性の待遇改善が進んだ。この結果、男女間賃金格差(男性の賃金を100)は75.7で、前年から0.5ポイント差が縮まり、比較可能な昭和51年(1976年)以降で過去最少となっている。



 企業規模別に賃金をみると、男性では、「大企業」が38万6600円(前年比2.8%増)、「中企業」が33万1200円(同1.0%増)、「小企業」が30万8100円(同1.5%増)となった。女性では、「大企業」が27万8200円(同2.7%増)、「中企業」が25万7000円(同1.8%増)、「小企業」が24万1300円(同2.7%増)となり、男性、女性ともにすべての企業規模で前年を上回っている。



 また、主な産業別に賃金をみると、男性では、「金融業、保険業」が48万600円で最も高く、次いで「教育、学習支援業」が43万6600円で続き、最も低いのは「サービス業(他に分類されないもの)」の28万5400円。一方、女性では、「電気・ガス・熱供給・水道業」が32万6500円で最も高く、次いで「教育、学習支援業」が31万6500円で続き、「宿泊業、飲食サービス業」が21万6100円で最も低くなっている。



 なお、一般労働者のうち、雇用期間の定めのない者について、役職別の賃金をみると、男性では、「部長級」が59万3100円(年齢52.8歳、勤続年数22.4年)、「課長級」が49万5600円(同48.8歳、20.7年)、「係長級」が37万9100円(同45.3歳、18.0年)、女性では、「部長級」が52万100円(同52.1歳、18.6年)、「課長級」が43万5000円(同49.2歳、18.8年)、「係長級」が33万7600円(同45.8歳、17.1年)となっている。

 

 

 

参考元:【令和4年の一般労働者の平均賃金は過去最高の31万1800円 | ニュース | 税務会計経営情報サイト TabisLand

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

 

359