NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

中野駅新北口駅前で大規模複合開発/SUUMOジャーナル

2021/05/17 不動産ニュース

image

2021年5月6日に中野区と基本協定書を締結

中野駅新北口駅前で大規模複合開発

野村不動産(株)を代表とするグループ(共同事業者:東急不動産、住友商事、ヒューリック、東日本旅客鉄道)は、
中野区とともに推進する「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」において、2021年5月6日に中野区と基本協定書を締結した。
 

事業地はJR中央線・総武線・東西線「中野」駅徒歩1分。2ヘクタールを超える敷地に、ホール・オフィス・住宅・商業・ホテルなどの複合開発を行うことで、音楽、サブカルチャー、食など多様な文化を育んできた中野駅周辺の回遊性を高め、さらなる賑わいと交流を創出する。

 

また、同エリアの象徴的な存在である中野サンプラザの機能を再整備。最大7,000人収容の大ホールやエリアマネジメント施設などを導入する。

 

外観は中野サンプラザのランドマーク性・形態を継承するデザインを採用し、

高層部は現中野サンプラザの三角形を活かしたトップデザインとしながら、新たなシンボルタワーとなることを目指す。

 

2022年度末に都市計画決定、2028年度内の竣工を予定している。

 

【参考元:SUUMOジャーナル

 

 

 

 


 

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

49