NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

不動産投資を始めた目的は67.3%が「資産運用」人気があるのは「ワンルーム区分マンション」/MONEYzine

2021/06/08 不動産ニュース

image

不動産投資を始めた目的は「資産運用」が67.3%を占め、「老後の年金対策」が18.5%で続いた。

不動産投資を始めた目的は67.3%が「資産運用」人気があるのは「ワンルーム区分マンション」

 

株式会社グローバル・リンク・マネジメントは、20代から60代の男女1万1,794名を対象に

「不動産投資に対する意識調査」を実施し、その結果を5月20日に発表した。

 

 

不動産投資にどの程度興味を持っているか(N=1万794名)

・興味はあるが実際に行動したことはない 27.8%

・興味があり、セミナーや説明会に足を運んだことがある 4.2%

・全く興味がない 41.6%

・不動産投資に対して悪いイメージを持っている 22.4%

 

 

投資用不動産保有者400名に絞って、不動産投資を始めたきっかけを聞くと

「家族や友人からの口コミ」が22.3%で最も多かった。

 

不動産投資を始めた目的は「資産運用」が67.3%を占め、「老後の年金対策」が18.5%で続いた。

そのほかでは、「生命保険の代用(団体信用生命保険)」(3.8%)などもあった。

 

保有物件の種別を複数回答で聞くと、「ワンルーム区分マンション」が27.3%で最も多く、

以下、「一棟アパート」(23.8%)、「戸建て」(21.5%)、

「ファミリー向け区分マンション」(16.3%)、「一棟マンション」(14.8%)の順で続いた。

 

 

不動産投資ではワンルーム区分マンションの人気が高く、

会社員を中心に資産運用の手段として取り組んでいる人が多いようだ。

 

 

 

【参考元:MONEYzine

 

 

 


 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

 

 

23