NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

ヒューリックの1~6月、純利益3%増 物件売却が好調/日本経済新聞

2022/07/27 不動産ニュース

image

1~6月期としては過去最高益を更新

増収傾向は続く可能性が高い

ヒューリックが28日発表した2022年1~6月期の連結決算は、純利益が前年同期に比べて3%増の369億円だった。1~6月期としては過去最高益を更新した。東京都内など首都圏のオフィスビルの売却で利益を押し上げた。

 

 

売上高は12%増の2474億円だった。経常利益は2%増の574億円と、いずれも過去最高を更新した。東急ハンズ池袋店(東京・豊島)の土地や建物のほか、横浜市のみなとみらい21地区に持つ複合ビル「リーフみなとみらい」などを売却した。

 

 

主力のオフィスビル賃貸事業は底堅く推移したものの、新型コロナウイルス禍の長期化で出張や宴会需要は想定より回復せず、ホテルの稼働率が低迷した。旅館を加えた「ホテル・旅館事業」は38億円の営業赤字(前年同期は43億円の赤字)だった。

 

 

22年12月期通期の業績予想は据え置いた。経常利益は前期比5%増の1150億円、純利益は8%増の750億円を見込む。投資用不動産の売買動向が変動しやすいため売上高見通しは非開示としたが、増収傾向は続く可能性が高い。

 

 

 

参考元:【ヒューリックの1~6月、純利益3%増 物件売却が好調: 日本経済新聞 (nikkei.com)

 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

46