NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

コロナ禍の東京で「不動産バブル」が始まる?/NewsWeek

2021/02/25 不動産ニュース

image

<史上空前の財政出動、金融緩和によって市場にあふれる世界の投資マネー。次の標的になるのは東京の不動産市場だ>

コロナ禍の東京で「不動産バブル」が始まる?

【本誌「コロナバブル いつ弾けるのか」特集より】

 

🔲各国の不動産投資額

新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界の主要都市の不動産市場が軒並み大打撃を受けるなか、

割安感がある東京の不動産に海外の投資マネーが流れ込んでいる

 

 

2020年第2四半期の世界の商業用の不動産投資額(国際不動産サービス会社ジョーンズ・ラング・ラサールの調べ)

渡航制限、経済への打撃、先行き不透明感などが影響し、前年同期比で55%減の1070億ドルに激減

ところが、東京だけは投資の勢いが衰えていない

 

 

【2020年第2四半期の世界の商業用の不動産投資額】

2020 年第1四半期に続いて上半期も、東京が前年並みの150億ドルで世界トップに躍り出た

2位のニューヨークは109億ドルで4割減

3位のパリは83億ドルで3割減といずれも減少

落ち込みの大きい都市では、ロサンゼルスの54%減、上海の48%減などが目立っている。

 

【2020年1~9月期の都市別投資額】

東京は194億ドルで引き続きトップを維持

そしてやはり東アジアの韓国・ソウルが142億ドルで2位につけている。

 

 

コロナ禍で、日米欧とも史上空前の財政出動と金融緩和、

とりわけ日米は国債の購入に制限を設けない無制限の量的緩和をアナウンスすることで、リーマン・ショックのような金融システム破綻は回避されている。

当面の資金繰り不安がなくなると、市場には膨大なマネーが残る。

 

国債・社債が運用益を生まなくなった今、あふれるマネーをどこに振り向けるのか。

各国の不動産は有望な選択肢ではあるが、大きなリスクは取れない。

そこで相対的にコロナの被害が少なく、経済への影響も小さかった日本、特に東京の不動産に投資が向かうのは必然とも言える。

 

 

🔲トップ15%の局地的バブル

について続きはこちら↓↓

 

 

 

 

 


 

 

 

弊社のご案内している不動産投資とは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

(お申込みの際は「資料請求」にチェックを入れお問い合わせください。資料はメールで送付いたします)

1555