NAN 株式会社日本アセットナビゲーション

会員登録をされた方、弊社セミナー・個別相談時に会員登録いただいた方はNAN物件情報を含む全てのコラムをご覧いただけます。(入会費、年会費はかかりません)

※パスワードをお忘れの方はこちら

登録

image
SCROLL

【エリアレポートvol.25】新宿駅まで約30分!のびのび子育てできる環境が充実「国分寺・西国分寺・国立・立川駅」エリア周辺レポート

2021/11/16 Q&A

image

買い物環境・自然環境・教育環境が揃った街「国分寺駅~立川駅」エリアをレポートしました。

国分寺〜立川エリアの特徴

 

 

 

 

  • 「中央線」の快速列車と特急列車で都心アクセスが便利
  • 自然豊かな公園が身近にある閑静な住宅街
  • 教育環境が整った文教地区「国立駅」
  • 多摩地域最大級のターミナル駅「立川駅」

 

 

国分寺駅〜立川駅を結ぶ「JR中央線快速」は、都心へのアクセスが良い人気路線です。

 

国分寺〜立川エリアは、23区から見て西部の多摩地区に属しますが、中央線の特急列車を利用することで、

30分ほどで新宿駅まで出ることができます。

 

特急列車が停車する国分寺駅と立川駅は、商業施設が集中しており、立川に至っては都心の主要駅と遜色がありません。

駅からさほど離れていない場所に、広大な公園がある点も魅力でしょう。

 

また、有名大学のキャンパスが多数あり、国立駅周辺は文教地区にも指定されています。

 

 

家賃相場は、都心と比較するとかなり安く抑えることが可能です。

同じ広さで、家賃が半分ほどになる物件も少なくないため、ファミリー世帯に選ばれやすい傾向にあります。

 

立川駅は娯楽施設が多いので、単身者にとっても魅力的なエリアでしょう。

 

 

「中央線特急列車」の利用で、新宿駅まで約30分の好アクセス!

 

 

国分寺〜立川駅は、「JR中央線快速」が停車する駅です。

新宿駅まで乗り換えなしでアクセスできるため、非常に人気のある路線です。

 

国分寺駅と立川駅には、「快速」の他に「通勤快速(平日夕方の下りのみ運行)」・「中央特快/青梅特快」・

「通勤特快(平日朝の上りのみ運行)」が停車します。

 

通常の快速よりも停車駅が少なくなりますが、その分混雑することで知られています。

 

 

西国分寺駅に乗り入れる「JR武蔵野線」は、首都圏をぐるりと囲む外環状路線。

府中本町駅から発着し、埼玉県の南浦和駅や千葉県の新松戸駅、西船橋駅、舞浜駅などを通り、東京駅にまで至ります。

改札を通る乗車人数は、中央線快速停車駅(東京〜高尾間)の中でも少ない方ですが、武蔵野線との乗り換えで利用する人が多い駅です。

 

 

多摩地域最大規模のターミナル駅である立川駅は、中央線沿線の駅では、新宿駅と東京駅に次ぐ利用者数を誇ります。

東京都西部の奥多摩駅までを結ぶ「JR青梅線」や、神奈川県の川崎駅までを結ぶ「JR南武線」の起点駅となっている他、

隣接する立川北駅と立川南駅に多摩モノレールが走っています。

また、中央線経由で長野県や山梨県に至る各特急列車が停車する駅のひとつでもあります。

 

 

エリア内各駅から、主要ターミナル駅までの所要時間は以下のようになります。

 

※()内の乗り換え数は、最短回数を表しています。所要時間は時間帯によって前後することがあります。

 

 

 

「国分寺〜立川」エリアの家賃平均を比較

 

続いて、国分寺〜立川エリアの家賃相場を周辺エリアと比較して見ていきましょう。

 

1Rが5万円台からと、中央線沿線でも安いエリアに入ります。

有名大学のキャンパスがいくつかあるので、学生の賃貸需要が見込まれます。

 

また、子育て世帯に人気のエリアでもあるので、ファミリー向け物件の需要も予想されます。

 

(万円)

※ライフルホームズ2021年11月現在(駅徒歩10分以内賃貸物件の平均賃料を軸としています)

 

 

「国分寺〜立川」エリアの居住者特性

 

国分寺〜立川駅は、国分寺市、国立市、府中市、立川市にまたがっているエリアです。

中央線での都心アクセスが良いこと、自然が多い閑静な住宅街であること、などの理由からファミリー層が多い傾向にあります。

 

都心と比較すると家賃や住宅価格がかなり安く抑えられるので、持ち家に住んでいる割合も高めです。

人口あたりの年齢構成比を見てみると、23区内平均よりも15歳以下人口が多く、子育て世帯に選ばれているエリアだとわかります。

 

 

<一般世帯平均人員と男女比>

 

 

<人口当たりの年齢構成比>

 

 

<世帯人員別一般世帯数の割合>

 

 

<配偶関係>

 

 

<住居の状況>

※平成27年国勢調査小地域集計東京都を元に作成しました。

 

 

国分寺〜立川エリアの居住者層において特徴的な点は、「ファミリー世帯が多い」、「持ち家に住んでいる人の割合がやや高め」、「15歳以下人口の割合がやや高め」、「働き世代の割合がやや高め」と言えます。

 

 

 

 

 

「国分寺〜立川」エリア周辺施設

 

「国分寺〜立川」エリアは、自然豊かな公園や教育施設が整っている他、

商業施設が充実した立川駅と国分寺駅があるので、子育て世帯を中心に人気があります。

 

国分寺駅と国立駅には有名大学のキャンパスがあり、エリア全体で見ても若い世代が多い印象を受けます。

 

 

 

<ショッピング>

 

・国分寺駅

商業施設が駅と一体になっている国分寺駅。

ファッション、レストラン、食料品店、雑貨店、楽器・家電、クリニック、ジムなど、幅広く店舗が揃っています。

 

南口北口ともに飲食店や居酒屋が豊富ですが、すっきりと整備された街並みが印象的です。

歩道の植栽や公園の緑が、街全体に落ち着いた雰囲気をもたらしています。

 

東京学芸大学と東京経済大学のキャンパスがあるからか、学生向けのリーズナブルな飲食チェーン店が充実しているように見受けられます。

 

▲駅には商業施設の他、行政サービスやホールのレンタルなどができるcocobunji(ココブンジ)プラザが入っていてとても便利。

 

▲市内バス交通の要所となっている北口の大きなバスロータリー。市内の公共施設・病院・グルメ情報などが検索できる電子案内板が設置されています。

 

 

・西国分寺駅

国分寺駅と比べると駅周辺の商業地域は小さく、落ち着いた住宅街がメインとなる街。

一方で、都立武蔵国分寺公園を中心とした国分寺の史跡や、豊かな自然環境、都立図書館を擁する自然と文化の街でもあります。

 

繁華街らしき雰囲気はほとんどないので、教育環境としては最適なエリアでしょう。

 

 

▲駅南口のショッピングモール。駅からすぐなので仕事帰りの買い物に便利です。クリニックやスポーツクラブも入っています。

 

▲北口には数件の飲食店が並びます。駅から離れると飲食店自体が少なくなるので貴重な通りかもしれません。

 

 

・国立駅

一橋大学をはじめとした多数の学校が集まる文教地区。

駅から南に向かって伸びる大学通り沿いには、おしゃれなカフェや飲食店が並びます。

 

学生の多い街ですが、整備された緑の景観も相まって、高級住宅街のハイソな雰囲気が保たれています。

駅周辺のスーパーは、西友以外はやや高めな店舗が多いです。娯楽施設は少ない一方、治安が良いのでファミリー層に向いた街でしょう。

 

▲駅に直結した商業施設nonowa(ノノワ)。デパ地下にあるような「ちょっといい食品」を扱う店舗が多数入っています。

 

▲大学通り沿いの桜並木。ところどころにベンチが設置されているので、休憩しながらゆったりとした街並みを楽しめます。

 

 

・立川駅

商業ビルが立ち並ぶ都会的な街。屋根付きのペデストリアンデッキで、周辺の商業ビルへの移動が便利です。

 

北口は、伊勢丹、高島屋、ヤマダ電機、IKEAなどがあり、多摩モノレール沿いを中心に整然とした街並みが広がります。

一方、南口は飲食店が多く、一部歓楽街のエリアもあります。

 

人流が非常に多い駅ですが、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がり、大きな公園もあるためファミリー層に人気のある街です。

 

▲多摩モノレール沿いのサンサンロード。映画館やカフェ、ショッピングモールが並ぶおしゃれなストリートです。

 

▲南口は飲食店が非常に充実した繁華街。八王子と並んで多摩地区を代表する商業地域です。

 

 

 

<自然>

 

・殿ヶ谷戸庭園

国分寺駅から徒歩約3分。国の名称にも指定されている回遊式庭園です。

園内には予約利用が可能な茶室が設えられています。入園料が必要ですが、無料区域もあり、児童遊園として開放されています。

 

▲四季折々の美しい樹木が目を楽しませてくれる和の庭園。地域の方々やカメラを片手に散策する人々の姿が見られます。

 

 

・都立武蔵国分寺公園

国分寺駅から徒歩約11分、西国分寺駅から徒歩約7分。中心となる円形広場の周囲には、滝、池、噴水、

イチョウの巨木、藤棚など、水と緑がバランスよく配置された広い公園です。近隣住民や子供たちの憩いの場。

 

▲市内最大のお祭り「国分寺まつり」の開催地である他、スポーツなどの各種イベントが開催されています。

 

 

・お鷹の道 真姿の池湧水群

西国分寺駅から徒歩約17分。ホタルが生息する清流沿いに整備された遊歩道です。

上流に向かって進むと、東京都指定名勝「真姿の池湧水群」があらわれます。

環境省選定の名水百選にも選ばれており、武蔵国分寺周辺の史跡と合わせて有名な観光地となっています。

 

▲お鷹の道の周辺は、武蔵国分寺公園や国分寺薬師堂、資料館、万葉植物園など見所がたくさん◎

 

▲カフェ兼無料休憩所の「史跡の駅おたカフェ」。史跡巡り途中にふらっと立ち寄れるアットホームなカフェです。

 

 

・国営昭和記念公園

立川駅から徒歩約18分。東京ドーム約40個分もの広さがある国営公園です。

有料ゾーンと無料ゾーンに分かれており、子供が楽しめるプールや遊具、レストラン、売店などが完備された人気施設です。

 

▲四季の植物を楽しむイベントや花火大会、スポーツなど、様々なイベントが開催されます。小中学生以下は入園無料です。

 

 

 

<文化施設>

 

・武蔵国分寺跡

西国分寺駅から徒歩約15分。奈良時代に聖武天皇が仏教を普及させるため、全国に建立を命じた国分寺の史跡。

現在確認されている国分寺の史跡の中でも規模が大きく、国指定史跡となっています。

 

▲広々とした芝生の広場は、遮るものがなく気持ちの良い空間。観光客や地元の人々がくつろぐ姿が見られます。

 

▲史跡のほど近くにある国分寺。境内の中には、万葉植物園や薬師堂など、歴史を感じるスポットが多数あります。

 

 

・東京都立多摩図書館

西国分寺駅から徒歩約8分。2017年に移転オープンした綺麗な図書館です。

サービスの大きな柱の1つである「東京マガジンバンク」には、一般雑誌から学術雑誌まで、およそ19,000誌が揃っています。

 

▲子供に読み聞かせができる部屋や、約14,000冊もの児童書や絵本を備えるコーナーも充実。地元住民に親しまれている図書館です。

 

 

・ファーレ立川

立川駅から徒歩約6分。立川駅北側の高島屋やホテルが並ぶ一帯のエリアに、世界各国のアーティストによる

109ものパブリックアートが設置されています。アート作品が通りを彩り、おしゃれな雰囲気のあるエリアです。

 

▲所々に目を惹かれるアート作品が設置されているかと思えば、何気ない車止めが作品だったりと、面白い発見があるエリアです。

 

 

 

<神社仏閣>

 

・諏訪神社

立川駅から徒歩約11分。立川市内で最も古い歴史を持つ神社。獅子舞と相撲の名社として知られています。

夏の例大祭では、奉納獅子舞や相撲が披露され、たくさんの露店が並びます。

 

▲白い玉砂利が敷かれた清浄な境内。本殿の右手には珍しい「目の神様」が祀られている社があります。

 

▲諏訪神社に隣接する「諏訪の森公園」。元は鎮守の森の一部でしたが、遊具や花壇が整備されて市民に解放されています。

 

 

 

<病院>

エリア周辺にある総合病院・大病院は、以下のようになります。

 

・国分寺病院(西国分寺駅から徒歩約14分)

・東京都立多摩総合医療センター(西国分寺駅から徒歩約16分)

・国立さくら病院(国立駅から徒歩約6分)

・川野病院(立川駅から徒歩約6分)

・立川相互病院(立川駅から徒歩約8分)

・立川病院(立川駅から徒歩約15分)

・立川中央病院(立川駅から徒歩約10分)

 

この他、クリニックが多数ありますので、詳しくは個別にお問い合わせください。

 

 

 

<行政サービス>

 

・cocobunji市民サービスコーナー(国分寺駅から徒歩約1分)

・国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ(国立駅から徒歩約2分)

・立川市役所窓口サービスセンター(立川駅から徒歩約2分)

 

行政の各種手続きは、市役所以外に以上の駅前出張所にて行うことができます。

一部扱っていない業務内容もありますので、詳しくは各市役所にお問い合わせください。

 

 

・警察署

国分寺市・国立市・立川市はおおむね治安が良いエリアです。特に、国分寺〜国立駅周辺は、

駅からすぐに落ち着いた住宅街に出るため、女性の一人暮らしやファミリー層に向いています。

 

一方で、立川駅の南側は、一部治安が良くない場所もあります。

女性の一人暮らしの場合は、帰り道に歓楽街周辺を通らずに済む物件を選ぶなど、対策をする必要があるでしょう。

 

各駅には、徒歩5分圏内に交番が多数設置されています。

 

 

 

まとめ

 

「国分寺〜立川」エリアは、買い物環境・自然環境・教育環境が揃った街です。

都心ほど人口が集中していないので、のびのびと子育てをするのに適しているでしょう。

 

家賃相場が手頃な上に都心アクセスも良いので、テレワーク者にも向いたエリアだと言えます。

 

 

 

26